« ♪ | トップページ | 攻殻機動隊 テレビシリーズ その1 »

2008年2月 8日 (金)

のだめカンタービレ♪

 今年の初めにヨーロッパ編が二夜連続で放送された。録画していたのを再度見て、もう一回前のドラマを見たくなった。DVDがレンタルでもう安くなっているのを知っていたので借りて見た。やっぱり何度見ても面白い。続いて原作の漫画も読んだ。そしてアニメも…
 アニメは初回を見て少しがっかりだったので、その後見なかったが、YouTubeにアップされているのでそれを今見ている。まぁ、アニメの方が原作に忠実に進んでいるので面白いはずなのだが、何故か一番地味な印象を受ける。確かにテレビドラマ版は優秀な演出によってすばらしい仕上がりなのはわかる。しかし本来漫画が原作なのだからアニメの方が良くてもいい筈だが何故なのだろうか?考えて気付いた事それは…。
 漫画から抜け出てきたような俳優、玉木宏の存在感、個性派女優、上野樹里の演技が持っているリアリティ…その他の女優、俳優もそれぞれに存在感があるという事、だったのかな?。漫画がアニメになって動き出すという事と、漫画から抜け出てきたような本物の人間の迫真の演技を見るのでは、今作に限って言えば本物の俳優、女優が演じた方が良かったのだろう。キャスティングも凄く良い。瑛太、小出恵介、水川あさみ、上原美佐、福士誠治…どれも漫画から「抜け出してきた」ような本物の人間という感じがする。賛否両論があるらしい竹中直人のシュトレーゼマンだが、漫画に描かれているような演技が出来る人は他にはいない気がする。まぁ、もう少し背が高かったら良かったかもだが。西村雅彦の谷岡先生もすごく良い。一方アニメの方の、のだめの声の川澄綾子は原作のイメージにピッタリですごくカワイイ。千秋真一の声、関智一は好きな声優さんだし、原作の絵には凄くあっていると思うのだが…残念ながら玉木宏と比べてしまうと…。何だろう?うーん、声の説得力というか何と言うか…。あらためて玉木宏の「声の良さ」を思い知る。ドラマではナレーション的な「心の声」で物語の進行役をしているのだが、これがすごい心地良い♪。ホントに「そうか!」と納得してしまう。何を言っても100%信じてしまいたくなるあの声…。上野樹里の演技もすごくて、もはや原作を補完してしまっていると言っても過言ではないだろう。特に「落ち込んでいるいるバージョン」の「のだめ」には鬼気迫るものがある。また玉木宏 千秋と上野樹里のだめのボケ&ツッコミの掛け合いにはいつも大爆笑させられる。「…じゃねーだろー!」「ギャボーン♪」のテンポと歯切れの良さは他の追随を許さない、アニメ版にも影響を感じる。ギャグなシーンの玉木宏の怒り方、「地震が来て雷が落ちる」みたいな所がスキ♪。思い切りボケて容赦なくぶっ飛ばされ「ギャボーン」と叫ぶ上野樹里には安心感すら憶える。衛藤脚本、竹内演出、番組プロデューサーを含めすばらしいと思う。ただ、物語の重要なセリフやイベントはしっかり抑えていてむしろスッキリした展開のドラマ版だが、原作の登場人物やストーリーを少し端折っている部分がある。原作はまだまだ進行中であるし、長い目で見たらアニメ版の方にも期待したくなるである。それでも問題が無いわけではない。楽器の演奏シーンや指揮シーンのアニメ版はかなり手間なのか、止め絵だったり手元を3DCGでやったりと苦労している。この点ではドラマ版の方が好感度が高い。演奏シーンはフルCGにするとかブレイクスルーが欲しい。アニメ版にも、もっと盛り上がって欲しいのである。しかしアニメは30分枠なのがネックかなぁ…せめて一時間枠は欲しいところ…。

|

« ♪ | トップページ | 攻殻機動隊 テレビシリーズ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139493/10329185

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ♪:

» のだめ 玉木宏 [のだめカンタービレ大好き!]
のだめカンタービレ西村雅彦の谷岡先生もすごく良い。一方アニメの方の、のだめの声の川澄綾子は原作のイメージにピッタリですごくカワイイ。千秋真一の声、関智一は好きな声優さんだし、原作の絵には凄くあっていると思うのだが…残念ながら玉木宏と比べてしまうと… ...(続きを読む) パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!!のだめカンタービレ in ヨーロッパ / 上野樹里/玉木宏商品価格:6,783円レビュー平均:0.0... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 13時36分

« ♪ | トップページ | 攻殻機動隊 テレビシリーズ その1 »